投稿日:2023年9月11日

地縄張り?根きり?住宅基礎工事の内容を解説!

こんにちは!和歌山県和歌山市に拠点を置き、土木一般・外構工事・住宅基礎工事およびドローンによる無人航空機事業を展開している、株式会社ryukenです。
今回は、住宅基礎工事の内容について、分かりやすく解説します。

基礎工事の流れ

生コン
住宅基礎工事は、大きく分けて以下のような工程で行われます。
・地縄張り
・遣り方工事
・掘削工事(根切り)
・砕石敷き
・配筋工事
・型枠工事
・コンクリート打設
・型枠解体
・埋戻し
その中から、地縄と根切りについて以下で詳しく解説します。

地縄とは?

地縄とは、建物の位置や形を示すために地面に張る縄のことです。
地縄張りとは、その作業のことを指します。
地縄張りは住宅基礎工事の最初の工程であり、非常に重要です。
この工程が正確にできないと、建物が斜めになったり、隣地との境界がずれたりする恐れがあります。
地縄張りでは、敷地図や設計図を参考にして、建物の外周や柱の位置を決めます。
杭やピンで固定され、水平器や測量器などで高さや角度を調整し、作業は完了です。

根切りとは?

根切りとは、基礎を埋め込むための穴を掘る工程のことです。
掘削工事とも呼ばれます。
根切りでは、地縄張りに従って、基礎の形や寸法に合わせて穴を掘ります。
その深さや幅は、地盤の状態や基礎の種類によって異なるため、事前の調査は必須です。
根切りは、ショベルカーやバックホーなどの重機を使って行われますが、細かい部分は手作業で行われます。
根切りが終わったら、穴の底に砕石や砂利を敷き詰めます。

【求人】ryukenのスタッフを大募集!

START
弊社では、住宅基礎工事やドローン業務に興味のある方を募集しています。
経験や資格は問わずやる気と向上心があれば大歓迎です。
私たちと一緒に、和歌山市と周辺地域のお客様の快適な暮らしを支えましょう。
住宅基礎工事は、建設業の中でも重要な、建物の根幹にかかわる分野です。
ドローン業務は、最先端の技術を使っています。
どちらもやりがいのある仕事ですが、それだけにスキルや知識も必要です。
弊社では、土木作業員やドローンパイロットとして活躍できるように、研修やサポートを行います。
また、ACSL社製のドローンを使っていますので、高性能な機器を扱うことが可能です。
興味をお持ちの皆様からのご応募をお待ちしております。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

和歌山市など和歌山県各地の外構工事・土木工事は株式会社ryuken
〒640-8301  和歌山県和歌山市岩橋1677-4
電話:073-488-3650 FAX:073-488-3650

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

L型擁壁

L型擁壁

新築外構工事 …

土木工事のプロを目指す方必見!龍建工業の魅力!

土木工事のプロを目指す方必見!龍建工業の…

こんにちは!和歌山県和歌山市に拠点を置き、住宅基礎工事・造成工事・一般土木工事を手がける龍建工業です …

和歌山市造成工事

和歌山市造成工事

奥で重力式擁壁掘削中!! …